???? Vol.56 ??????????????公的年金の給付開始は、段階的に遅くなっています。給付年齢を遅らすと、金額があがりますがそれまでの生活をどのようにするかが問題になります。何歳からにするのかは、個人年金保険などの加入をしていて、足りない部分をカバー出来るかにもよります。
基本的には、60歳以上から受け取れます。開始が早いと、その年金額での生活では十分と言えない人が多いのが現状です。理由としては、段階的に年金の支給額が減額されているからです。
民間の年金の給付期間は、10年間が最も多いです。給付の期間に限度があるので注意が必要になります。自営業の場合には、終身タイプを多くの人が選びます。
保証期間付有期年金など、その商品の内容によって期間や年金額が異なります。いつから年金を受け取るのかは、貯蓄などの経済状況によって選ぶと良いです。
契約内容によっては、年金受取開始前に契約者が死亡すると、給付金が支払われる種類の商品もあります。
必要に応じで、個人年金保険を選ぶ事が重要です。生活に支障が出ない保険料のものを選ぶのも大切です。また、年金の積立方が保険会社や契約によって異なります。どのような仕組みになっているのか確認をすると良いです。払込金額と受け取りの総額で選ぶのがポイントです。