個人年金保険と税金

| 未分類 |

保険会社が販売している個人年金に加入した場合、税のシステムについて把握しておく必要があります。年金を受け取り始めた場合、他の生命保険同様に、税が課せられることがあるのです。できれば加入前に税額などを調べておきたいですが、現在加入中の人もあらかじめ計算しておいた方がいいです。
個人年金保険の保険料の支払方法は、一括払いか何年かかけて毎月支払っていくものがあります。満期を迎えた後は、毎年一定額の年金が支払われるという仕組みです。
税額は同一ではなく、契約者・被保険者・年金受取人が誰かによって変わります。税の種類も異なりますので注意してください。
一般的には、年金の契約者と受取人が同じという契約が多いです。この場合は雑所得として課税対象となります。受給する年金の全てが所得として見られるのではなく、支払ってきた保険料は経費とすることができます。
簡単な計算式にすると、雑所得=年金受取額-必要経費(支払ってきた保険料)という形になります。ただし、年金の種類によっては必要経費の考え方が違いますので注意が必要です。終身年金や確定年金、有期年金などによって異なります。
契約者と受取人が違う場合も、税は異なります。贈与税という扱いになり、納める税金が多くなるので要注意です。