仕事をしているなどして一定以上の所得を受けている人は、所得税を納付しないといけません。この所得税ですが、いろいろと税金の控除が認められる制度があります。該当する項目があれば申告することで税金の減額や余計に支払った税額を還付できます。
個人年金保険に加入している人の中には、個人年金保険料控除の適用が受けられるケースもあります。こちらの控除は所得税法によって認められている制度で、年間に年金保険料として支払った一部に関して所得額から差し引くことが可能です。この結果、所得税の他にも住民税を軽減できます。
ちなみに年間に支払った保険料は2万円以内であれば、支払った保険料全額が所得税から控除されます。4万円以内であれば、支払った保険料を半分にして1万円を加えた金額が控除の対象になります。8万円までは支払った保険料の1/4に2万円を加えた額、それを超える払い込みをしている人は一律で4万円が控除されます。
控除を認めてもらうためには、税務署に行って所定の手続きを済ませる必要があります。しかし個人年金保険は、一定期間支払い続けることが多いので、トータルで考えてみると所得税や住民税の控除による節約効果はかなり高いです。個人年金保険を利用している人は、活用すべきシステムといえます。